よくあるご質問

森のセラピーとは

森林セラピーとはどのようなものなのでしょうか?
森林セラピーは科学的エビデンス(証拠)に裏付けされた森林浴効果をいい、
森林環境を利用して心身の健康維持・増進、疾病の予防を行うことを目指すものです。
具体的には、森林の中に身をおき、
森林の地形を利用した歩行や運動、森林内レクリエーションを行い、
そこに栄養・ライフスタイル指導などの方法を加えるなどして、
これらの目的を達成しようというセラピーをいいます。
森林セラピーは誰でも体験できるのでしょうか?
基本的には全ての方を対象としているセラピーです。
但し、医師が同行できない場合の対象者は「健常者及び未病の方」となります。
*各森林セラピー基地には、車いすが利用可能なユニバーサルデザインのロードが
短距離ながら設置されていますので、
ご高齢の方や障害のある方でも森林セラピーを体験できます。
森林セラピーとは医療行為なのでしょうか?
今のところ、森林セラピストが医師の指導抜きで直接的に医療行為を行う事はできません。
将来的に森林セラピーと森林医学が目指すところは補完代替医療の発展系の分野といわれています。
森林セラピーは日本だけで行われているのでしょうか?
ヨーロッパやお隣の韓国でも活動は盛んになってきています。
特にドイツはクナイプ療法に代表される補完代替医療に長い歴史があり、
最近ではフィンランドやイギリスなどを中心に
「森林と健康」についての感心が非常に高まってきています。

森のセラピストとは

森林セラピストとはどのようなお仕事なのでしょうか?
「森林セラピスト」とは、森林に関する環境科学的な知識に加え、
森の癒し効果についての生理学的な知見を有する者で、「森林セラピーを通じて心とからだの健康を維持・増進してくための補助・助言を行っていく者」です。
森林セラピストにはどのようにすればなれますか?
まずは毎年6月に行われる森林セラピー検定2級及び1級の試験に合格する事が必須です。
その後、認定講習受講後、論文・実技試験をクリアした上で、森林セラピストとして認定され、
森林セラピーソサエティの会員になる事で様々な活動を行う事ができます。
森林セラピストの試験に合格するのに学習時間はどのくらい必要ですか?
森林セラピスト(森林セラピー検定2級、1級)の試験に確実に合格するには、
350~400時間程度の学習時間が目安となるでしょう。しかし、ポイントを絞った学習を行うことで短期間に合格ラインに達することが十分可能となります。
(継続学習がポイントです)
森林セラピストの試験勉強はどのくらい前から開始すれば良いですか?
試験日の半年前から始めるのが理想的ですが、途中でだれてしまう可能性もあります。
休み休み長期間勉強するよりも、2ヶ月から3ヶ月間に集中して学習する方が
合格する確率は高いともいえるでしょう。
受講等以外に発生する費用はありますか?
受講料には受講開始から終了時までの全ての費用が含まれていますので、
新たな費用は一切かかりません。詳しくは約款をお読み下さい。
*フィールド体験については別途費用がかかります。
試験に合格出来なかった時は次年度講座受講の優遇などはあるのでしょうか?
一発合格を主眼においた講座ではありますが、実力が発揮できず不合格となった方には
来年度の合格に向けて受講料を優遇して受講して頂くようにします。
但し、森林セラピー検定2級合格者に限定した優遇処置となります。
諸事情により休講となった場合の補講はあるのでしょうか?
休講時の補講は受講期間内に日を改めて行います。休講の連絡は事前にメール、
電話にて致します。代替日は追ってお知らせします。
残業や都合により受講できなかった場合のフォローはあるのでしょうか?
当日の講座内容をPS(ポイントシート)にまとめてお渡しします。
よくあるご質問

Green Cast Academy 講座のご案内:グリーンキャストでは、環境、自然、心身の健康に関する様々な資格講座及びセミナーを開催しております。

ガイダンス開催

ガイダンス開催

ページトップへ

Copyright©2010 Greencast, Inc. All rights reserved.